翻訳会社に依頼し、観光客向けの多言語表記を準備

近頃の外国人観光客の方々は非常にマニアックなスポットに足を運んでいます。

いわゆるパンフレットに掲載されている定番の観光地は既に何度も訪れており、本当に日本について興味津々な方々は日本人観光客があまり行かない地方の街や比較的マイナーな観光名所へ出かけているのです。京都や広島や奈良などの観光名所周辺のお店は、既にインバウンド需要に対応するため、多言語表記を実践しています。一方で昨今急にアジアや欧米諸国から訪れる旅行客が増加した郊外の地域では、まだ充分な多言語対応が進められていないのが実情です。

日本語は外国人観光客の方々には伝わらない言語ですので、観光地の案内図や地図、飲食店のお品書きやサービス内容、旅館のルールや銭湯の注意事項などは、翻訳会社にお願いして、多言語対応させておきましょう。英語と中国語、韓国語の3言語を掲載すれば来日する外国人観光客の方々を気持ちよくおもてなしが出来ます。翻訳会社の利用料金ですが、ひと昔前よりも非常にお安くなっています。

最近は翻訳会社の数が増加して来た事があり、価格競争に起きており、高品質な翻訳サービスが低コストが受けられる時代となっていて、パソコンや電話を通して気軽に相談可能です。ネット経由でどの位、実際にお金が掛かるか聞く事が出来ます。見積もりだけなら無料になっている事が多いです。とりあえず最終的な料金だけ聞いておき、後は社内で相談して最後の合否を決めるのも良いアイデアです。ただ、インバウンド需要は今後もより一層拡大するため、早めの翻訳会社への依頼が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *