翻訳会社の選択方法

ビジネスで翻訳会社を使う場合に、最初に確認する事はその会社がどういった分野に強いかという点です。

翻訳会社と言っても得意分野が違う物です。医学系を始め、学術関係の翻訳に特化した会社もありますし、海外物の演劇等を専門に翻訳している様な会社等もあります。概要が分かれば良い等の場合でしたら、話も変わって来ますが精度の高い翻訳が欲しい場合等には、専門の翻訳会社を選択した方が安全です。納期の保証と、翻訳者と内容について話し合えるシステムがある事も確認しておきたい部分です。

納期の厳守の確約が無いままだと、締切を大幅に過ぎてしまっての納品も起き得ます。遅延が発生した場合には、直に違う翻訳者が仕事を引継ぐシステムになっている等、対策が採られている会社も多いですので、精度が高い物を出来るだけ早く欲しい場合等には納期保証の点は必ず見ておいた方が良いです。その上で、出来上がった翻訳の内容を翻訳者に確認出来る様なシステムがあれば、翻訳で多く発生する意味不明な部分を相当に減らす事も出来ます。

専門用語等の難解さを翻訳したり、そのまま直訳する等の結果、良く分からない表現になってしまう事等も起きる物です。そういった時に、翻訳者と話し合えるならば、事情を確認した上で高い翻訳に修正も出来ます。これ以外では、守秘義務の徹底も必ず確認しておく必要があります。文章によっては、相当にプライベートな個人情報がある場合も考えられます。

情報流出が起きたら信用問題になる様な事も考えて置くべき部分です。その部分の担保としては、守秘義務の保証があるかは、依頼の時点でしっかり聞いておくべき点になります。その上で翻訳前の文章の言葉のネイティブが居て、チェック出来る体制が会社にあるならば理想的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *