翻訳会社のビジネス形態の変遷とオフィス業務について

近年においてはフレックスタイム制や裁量労働制といったビジネスにおける働き方の改革が進んでおり、仕事は必ずオフィスで机に向かって行うものだ、という時代は移り変わりつつあります。

翻訳会社はその顕著な例といえるでしょう。翻訳会社のビジネスの形態上、バイリンガルであることはほぼ必須であり、ビジネス用語を訳す関係上各言語についてネイティブ並み以上の知識が求められるためです。無論他社や個人事業主から仕事を受注する窓口として、また各社員の統率や管理をこなすために一定の人員がオフィスにて勤務する必要はありますが、翻訳会社の社員の専門性の高さは一般的なオフィス勤務のサラリーマンの比ではなく、むしろ医者や教授、各種士業をはじめとした高度な自由業、専門職に近いという性質があります。

そのため、翻訳会社においては日本人、外国人含め高い多言語能力を持った人員については仕事さえこなせれば自由な時間に出勤してよいというフレックスタイム、裁量労働といったシステムを積極的に取り入れる向きがあり、そのことから単に教養のためだけに学んでいるという意識の強かった大学教育の場における「第二外国語」の制度が働き方の幅を大きく広げることから、雇用改革を通じての社会貢献という側面において翻訳会社というビジネスは一定の成果を挙げたと言えるでしょう。

また、近年ではクラウドソーシングという形でそもそもの自宅勤務を前提とした働き方も広まりつつあり、翻訳をはじめとした各種ビジネスも積極的にこれを取り入れる傾向にあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *