翻訳会社をビジネス/オフィスで使う場合の注意点

翻訳会社をビジネス/オフィスで使う場合は、いくつか注意点があります。

その一つはその翻訳会社の規模であり、もう一つは専門性ということになります。日本文を英分に翻訳してもらうことを想定すると分かりやすいのですが、規模の大きな翻訳会社は大勢のスタッフを抱えているので、様々な分野に精通する人がいて、どのようなジャンルの仕事でも連係プレーでこなすことができます。しかし、規模が小さいとスタッフの数が限られているので、その対応はある程度限定されてしまうということになります。

一般的な翻訳をビジネス/オフィスで頼むというのであれば、規模の問題はそれほどのウエイトを置く必要はなく、実績や出来上がり具合次第で選べば問題はありません。ビジネス/オフィスで頼む内容が、たとえば医療機器とか医薬品といったように専門分野のケースとなるとそうはいかないのです。大きな規模のところでは、誰かしらがその分野に精通しているという可能性が高いので対処できますが、小さな規模のところでは、適材がいなければ対応できないのです。しかし規模の小さなところは小回りが利くという大きな利点を持っています。

またレベルの高いスタッフを抱えていることも珍しくありません。したがって、注文する内容次第で、規模と専門性ということを考慮して翻訳会社を選ぶのがいいのです。今は翻訳会社は大変多く、中には英語圏の外国人で日本語に堪能なスタッフもかなり多くいますし、インターネットの普及で、日本全国のどこへも依頼し、目的を果たすことができるようになっているので、前述した二つのポイントを抑えればいい仕事ができるというものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *