翻訳会社の費用について知っておくべきこと

翻訳会社に依頼する場合、一般的に文字数単価のところが多いです。

一人の翻訳者が担当する場合で、費用が安く納期の早いスタンダード型で例を挙げると、飲食店のメニューを日英翻訳した場合で1文字10円程度だとされています。専門分野を持っているプロの翻訳者が担当したり、翻訳会社の対応言語、そして納期の速さ、正確性などで費用が上がることもあります。全ての項目が最高レベルであった場合、1文字30円~40円という値段になることもあります。

全てを最高レベルにしなくても、例えば正確性だけは完璧にしたい、とにかく納期を急いで欲しいなど、求める条件に添った翻訳会社を選ぶと良いでしょう。量の多い翻訳で数百ページにもなる場合は、文字単価ではなくページ単価になることもあります。費用については、利用を検討している翻訳会社に問い合わせるのが一番確実です。求める条件に合うところをいくつかピックアップしておき、問い合わせて比較する方法がおすすめです。

費用の安いところは依頼者からすると魅力的ではありますが、低い能力の翻訳者が担当していることもあります。また、高いからと言って必ずしも優秀な翻訳者が担当しているとも言い難く、下請けの会社に翻訳の仕事を振ることもあるためマージンが発生しているケースもよくあることです。これらのことを踏まえると、費用のみで翻訳会社を選ぶのはあまり賢いやり方とは言えません。費用だけを見て決めるのではなく、実績や専門分野、正確性、納期速度など総合的に見て判断することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *