翻訳会社を選ぶときのポイント

翻訳会社を選ぶときに重要になるポイントは、大きく3つです。

それは、「翻訳の質」「料金」「アフターフォロー」です。翻訳を依頼する上でも特に大切になるのは「翻訳の質」。安易に翻訳会社を選んでしまうと、その質の悪さから、手直しをしたり、さらに他の翻訳会社にお願いしたりと、余計な時間もコストもかかってしまいます。そうならないために、まず翻訳会社を選ぶときは、ホームページなどを参考に、その会社の得意分野や取扱分野をきちんと把握するようにします。また会社の窓口であり、翻訳作業全体を管理する「コーディネーター」と呼ばれるスタッフが信頼できる人かを見極めることもポイントです。

コーディネーターは、依頼主の要望に随時応えていくことはもちろん、翻訳者の選定からスケジュール管理、校正までを行う大事な役割を担います。依頼主や翻訳者との連携が取れる人でなければ、決して質の高い翻訳は望めません。トラブルになりやすい「料金」については、必ず最初に概算見積もりを出してもらいます。提示された料金が妥当なのかを確かめるにあたっては、産業翻訳請負事業者の業界団体、JTF(一般社団法人日本翻訳連盟)のWebサイトなどに掲載されている「翻訳料金の目安」が参考になります。また翻訳には、変更や追加依頼が発生することもあります。

見積もりが安くても、追加料金が発生して高くつくケースがありますので、見積もりの段階で確認しておく必要があります。「アフターフォロー」がきちんとできるかどうかも注目すべきポイントです。プロの翻訳者といえども、常に完璧な翻訳ができるわけではありません。翻訳後は、質問に制限があったり、有料であったりする会社も少なくありませんので、原文とニュアンスが違う…などがあった場合にやり直してもらえるのか、質問ができるのかなどについても事前に聞いておくのがベストです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *