翻訳会社とは?翻訳者になるには?

翻訳会社とは単純に単語や文章を翻訳するだけでなく、企業の製品取り扱い説明書や契約書の翻訳、映画や小説の翻訳まで多岐にわたります。

翻訳会社で働いている人は英文科や外国語大学を卒業した人ばかりではありません。確かに外国語に関心のある人が多く働いていることは事実ですが、特別な資格を要するわけではないので語学に精通していれば誰でも就職することが可能です。翻訳会社に勤めている翻訳者のほとんどはフリーランスです。翻訳会社のトライアルを受け、合格すれば仕事がもらえる仕組みです。

翻訳者の実力や経験によって仕事内容や給料が変わってくるので、まずは納期を守ってクオリティの高い仕事をし、地道に信用を積み重ねていくことが大切です。またこの世界は人脈も大切です。専門知識を必要とする翻訳の仕事があったり、学生時代に出版社で働いていた縁で仕事をもらえたり、出版業界はいろいろな繋がりがあります。いつ仕事が来てもいいように自分のスキルや得意分野を磨いておきましょう。外国語ができるだけでなく、日本語の能力も求められます。

翻訳した文章がきちんとした日本語になっているか、適した単語や言い回しに翻訳されているか厳しくチェックされます。依頼された仕事に合った言葉選びができるセンスも重要です。今後は英語だけでなく、中国語やスペイン語、フランス語などあらゆる国の言語が必要になってくると思います。知識やスキルを高め、自分の強みをしっかり理解した翻訳者を目指しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *