得意分野を決めて、翻訳会社で翻訳家として働く

フリーランスとして翻訳会社で働くときに、決めておかなければならないことがあります。

それは翻訳する分野です。翻訳の分野には医療、ビジネス、経済などがあります。他にもたくさんあり、翻訳会社それぞれにも得意分野があります。翻訳は文章があるからこそ、存在するものです。なので文章になっているものであれば、その分野はたいていの場合、翻訳の分野となりえます。ではどの分野を選べばいいのでしょうか。決める方法には得意分野で決める方法があります。得意分野の場合、すでに知識があるので少なくとも基本的なことは理解できている状態です。

翻訳をするときには、どんな時でも調べる作業をします。たとえ詳しい分野であっても、翻訳を質の高いものにするためには、調べる作業をなくしてはいけません。なぜなら自分ではわかっていたつもりでも、わかっていなかった、間違っていた場合があるからです。それはすでにわかっているつもりで書いたけれど、以前の常識が覆されて今では解釈が変わっているのに、昔のニュアンスのまま翻訳してしまったのでは、間違った翻訳文になってしまいます。

そしてそれは翻訳会社からの仕事を減らす原因にもなってしまいます。また間違った知識のまま覚えていた場合。自分ではわかっているつもりのものでも、少しでも違和感を感じたのであれば一度調べてみなければなりません。すると本当に間違って理解していたときに気づくことができ、ミスを減らせます。そしてミスに気づけば、そのまますぐに覚えてしまうものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *