翻訳会社には種類があります

翻訳会社のサービスは、他言語の音声や文章を翻訳することです。

また、日本語から外国語への翻訳や、外国語から外国語への翻訳をすることもありますが、基本的に行うのは基の音声や文章を別の言語に置き換えることです。グローバルに活動する企業にも活用されますし、出版業界などでも活用されます。翻訳会社にも種類はあって、産業翻訳、出版翻訳、映像翻訳があります。産業翻訳は企業活動で必要となる翻訳全般を取り扱います。

例えばホームページの翻訳や、契約書の翻訳といった業務を扱います。出版翻訳は、書籍を出版するための翻訳を扱う翻訳会社です。映像翻訳は映画などの音声の字幕を作成するなど、音声の翻訳をすることをメインとしています。

このように分かれて入るものの、総合的に扱っている大手の翻訳会社もありますから、きっちりと別れているわけではありません。ただ、中小の場合はそこまで多くの人材を抱えているわけでもありませんので、特定の分野で活動しているケースが多くなります。翻訳会社には見積もりを出してもらってからいくらになるのか判明するため、なかなかいくらくらいになるのかを事前に判断することはできません。

ただし、一部の会社はホームページで目安となる料金を表示しているところもありますので、まったくいくらかわからない方はそちらを参考にすると、ある程度想定することができます。尤も、見積りは無料ですので料金を知りたかったら気軽に問い合わせて問題ありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *