求めるレベルに応じて翻訳会社を選ぶべき

翻訳会社といっても、扱うことのできる原稿は変わってきます。

大手の場合は総合的に扱い人材も豊富なので、どのような原稿でも対応できることもありますが、中小の場合は人材も豊富とは言えないので、対応できるところが限られているケースも多いです。ただ、限られているからといっても劣るという意味ではありません。

特定の分野に対しては大手よりも優れている中小の翻訳会社もあります。そういったところは、中小でも大企業や官公庁に活用されるなどの実績を持っています。翻訳会社を選ぶ時には、それぞれの能力を活かしてもらえる所を選んでおきたいところです。

その際の指標となるのが実績です。過去に大手や官公庁に利用された実績があれば、その分野に関しては信頼されているといえるので、任せてクォリティーの高い文章が仕上がる可能性は高まります。

ただし、クォリティーをあまり重視せず、とりあえず意味が通るレベルで置き換えられれば良いというなら、あまりその点は気にする必要はなく、純粋に安くて納期が早いところを選んでも問題ないでしょう。

安くて納期も早いところは対応するスタッフのレベルが低かったり、校正をする回数が少なかったりしますので、品質が低い傾向にあります。しかし、中身のクォリティーを求めないのならむしろその速さと安さを活かしてもらえる方がメリットは大きいので、利用する価値はあるといえるでしょう。

求めるレベルによって選ぶべき翻訳会社は決まってきますので、自分はどの程度の翻訳を求めているかをまずははっきりとさせるべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *