機械では難しいことも翻訳会社では容易に訳せる

原稿を翻訳するときには、機械的な翻訳ではなかなか文章の解釈が難しいものが存在します。

例えば、ことわざや日常的な言い回しなどです、特に、WEB上で提供されているブラウザ型の翻訳サービスが数多く存在しますが、精度が向上したからといって完璧に訳すことができるわけではありません。

従来よりかははるかに精度は高くなりましたが、それでも翻訳をするときには人間の発現によって異なる言葉の微妙なニュアンスを受け取ることができないものがいくつも存在します。こうした本格的な解釈は、翻訳会社にしかできないことです。翻訳会社の翻訳と機械翻訳の大きな違いは、人間的なニュアンスを翻訳に組み込むことができる点にあります。

本来、英語には単語的な意味と熟語的な意味が存在しますが、外国にもその土地柄によって表現が異なる微妙なバランスが存在します。実際に、英国英語と米国英語は全く発音もニュアンスも異なりますし、米国には日本語のような訛りが存在します。しかし、こうした訛りの違いなどは機械には理解できません。

原稿の中にこうした冗長的な内容が存在する場合には、人間の手で訳す以外に方法がないわけです。実績が存在する翻訳会社では、こうした原稿の細かな内容をチェックしてくれます。優秀な翻訳会社は、機械翻訳と人間の翻訳の双方からバランスが取れた文章かどうかを判断してくれます。そのため、非常に質の高い文章を納品してもらうことができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *