翻訳会社に依頼をするときの注意点

翻訳会社に翻訳を依頼する場合、気をつけたいポイントが幾つかあります。

まず、翻訳してもらいたい原稿がどんな分野の内容なのかをしっかり把握しましょう。一般的なビジネス関連の内容ですか、それとも特許や契約書などの専門的な内容ですか。翻訳会社は数多く存在しますが、それぞれ得意とする分野や専門とする分野は異なっています。

例えば特許など高度に専門的な分野は、やはり特許翻訳を専門としている翻訳会社に依頼をしないと、質の悪い翻訳文を納品されてしまう可能性があります。次に、その翻訳会社ではきちんとした校閲体制が整っているかどうかを確認しましょう。翻訳者が仕上げた訳文を別の人間が第三者の目でチェックする仕組みが整っているでしょうか。

原稿が大量になればなるほど訳抜けや誤訳などが多くなる可能性があるので、必ず校閲のプロセスを経なければなりません。また、英訳の場合はネイティブチェックが不可欠です。文法的には正しくてもネイティブが読むと不自然な訳文というのは意外と多いものです。英訳を依頼する場合は、必ずネイティブチェックの体制が整っている会社かどうかも確認しましょう。

以上のことを考慮すると、やはり重要な書類や原稿の翻訳を依頼する場合は、ある程度大手の翻訳会社で、それなりの歴史があるところを選んだほうがよいと言えます。大手であれば、それなりの従業員数を抱えているので校閲体制やネイティブチェック体制も整っているはずだからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *