いい翻訳会社を選ぶポイントとは

翻訳会社はたくさんありどの会社を選んでいいか迷う場合もあるかもしれません。

まずどんな内容の翻訳を頼もうとしているか考える必要があります。特に専門的な内容の文章ならば内容に間違いが出ないように依頼する会社は慎重に選ぶ必要があります。具体的にはソフトウェアの提携契約書ならソフトウェアの関連知識は当然必要になってきますし、法律文書を間違いなく書くスキルも必要です。

化学薬品の特許説明書なら特許説明書に必要な書式や文体に精通している必要があります。値段が安くて経費が抑えられるからと一般の価格よりも安い所に依頼するととんでもない失敗をする可能性もあります。次に大切になってくるのは希望の仕上がりになるかどうかです。これを怠ってしまうと原稿が出来上がってきた後のチェックが必要以上に多くなってしまい、無駄な経費が発生する可能性も出てきてしまいます。

ウェブサイト用に依頼しているとか、読み易く原文に忠実に翻訳してくれているのかなど譲れない部分に強い翻訳会社を選ぶ事が大事です。他にはどの地域の人を想定して依頼するのかという事です。英語で翻訳をお願いする場合でもアメリカ英語とイギリス英語では微妙に違ったり、文字表記でも中国語には大陸向けと香港や台湾では違いが出てくるんです。

大事になってくるのは、その方面に関する実績やどのような翻訳をしてくれるかトライ翻訳で納得して翻訳会社を選ぶ事になります。スケジュールもギリギリになって依頼するのではなくて余裕を持って頼む事が重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *