ホームページの海外版に翻訳会社を活用

みなさんの企業のホームページには、海外版があるでしょうか。

海外版と言っても大半は英語、あっても中国語かと思いますが、海外に広く展開していたり、顧客や取引先に海外が多かったりする場合にはホームページを多言語で用意しておくのが一般的です。近年は日本へ訪れる観光客が年々増加しており、海外への展開を見据えていなくても英語での対応を迫られるケースが増えています。

海外の言語にまで対応する余力がない、あるいはあくまで国内が対象であるとして対応を放棄することももちろん選択肢としてはありますが、そこは企業として海外に広く存在するビジネスチャンスを逃すことになりかねません。最低限ホームページくらいは海外版を用意するだけでも、企業が獲得する潜在的な利益は大きくなるでしょう。

ホームページの翻訳には、翻訳会社を利用するのがおすすめです。実績や経験が豊富な翻訳会社はどのような業種にも対応しており、専門的な言葉や微妙なニュアンスまで細かく訳してもらうことができます。翻訳会社に任せず英語の得意な社員やホームページの制作を委託している業者に任せる企業も中にはありますが、翻訳はそれ自体特殊な技術で、英語ができることと英語版のホームページを翻訳できることは決してイコールではありません。

誤訳から発生するトラブルを避けるためにも、信頼のおける翻訳会社に依頼することをおすすめします。日本には観光客だけでなく海外からの移住者もこれから増えていくことが予想されます。少しでも海外に対応する重要性を感じている企業は、必要に迫られてから急いで対応するのではなく、来たる未来を見据えて早めの対応を心がけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *