翻訳会社での仕事とは

翻訳会社の仕事とはもちろん文書の翻訳になるわけですが、実は翻訳会社の社員が翻訳をしているケースはさほど多くはありません。

実際には、翻訳会社は一般の企業や団体、大学や公的機関などから翻訳の仕事を受けた後、それを自分の会社と契約を結んでいるフリーの翻訳家に回していることが多いのです。翻訳の仕事というのは基本的には個人ワークになります。上司やチーム内で相談しつつみんなで協力しないと前に進まない仕事ではありません。

また、多くの場合、翻訳の仕事というのはコンスタントに発生するとも限りません。仕事の依頼がない限り、例えば次の仕事に向けて準備をしておくとか社内の体制を整えておくといったこともあまり必要ではありませんから、社員として多くの人を抱えているのは会社としてもリスクになります。

仕事がなくても毎月決まった給料を払う必要が出てきたりもするからです。このような理由から、翻訳の仕事をしている人の多くはフリーの翻訳家で、会社と契約を結んで仕事を自分に回してもらう形で働いています。

もちろん、十分に実力と知名度を身につければ会社を介することなく直接クライアントから仕事を受けることも可能ではあるでしょうが、個人レベルではそれはなかなか困難でしょう。フリーの立場なのですから、会社という組織に縛られることはありません。仕事をする時間、場所、さらには仕事量についても自分自身の判断で決めて自律的に動くことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *