観光業の海外対応には翻訳会社を

日本では年々海外からの観光客が増えており、観光に関わる多くの企業で英語を中心とした海外言語への対応が急務となっています。

元々海外を見据えて展開している企業は翻訳会社を利用して英語版ホームページを充実させるなどしているところが多いですが、近年は国内向けの事業が中心だったところでも思いがけず海外から訪れる人が増え、対応を迫られるケースも増えています。

このような状況に伴い、翻訳会社の数も増えサービスも以前に比べ充実してきているのをご存知でしょうか。最も使用者の多い英語はもちろんのこと、日本への訪問者が多い中国語や韓国語の翻訳を行っているところも多いです。また、地域によっては来訪者の出身国が英語圏、中国・韓国語圏に留まらない場合もあるでしょう。

例えばスペイン語やロシア語、ポルトガル語など、英語に比べれば話者が少ない言語、更にマイナーな言語まで対応している会社もあり、企業が対応したいと考えている言語のほとんどはいずれかの翻訳会社に依頼することができるはずです。中には翻訳を自前でやろうと考える企業もあり、経営者自身や観光業なら英語の得意なスタッフが多い企業も少なくありません。

しかし翻訳は特殊な技術を要する仕事なので、英語ができるからと言って翻訳ができるわけではないことに注意が必要です。特に観光業界では顧客が海外企業ではなく外国人個人であることが多いので、誤訳から起こる小さなトラブルは後を絶ちません。海外からの観光客はこれからも増え続けることが予想されていますから、翻訳会社に依頼してきちんとした対応をするのが賢明でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *