翻訳会社を選ぶときには

翻訳が必要になった場合は、自社のスタッフに頼めるに越したことはないわけですが、なかなかそうもいかないことも多いです。

特にビジネス翻訳の場合は間違いは許されませんから、翻訳会社に依頼してプロに訳してもらったほうがいいでしょう。ビジネス文書の場合は、単語をただ置き換えて行けばいいと言うものではありません。

ビジネスの分野ごとに決まり事といったものもありますので、外国語のたしなみがあるという程度の人に任せるのは避けるべきでしょう。餅は餅屋に、で翻訳会社に依頼するのが無難です。翻訳会社もいろいろですから、吟味して選ぶ必要があります。

まずはネイティブを使っているかどうかを確かめましょう。ほとんどの人が、明らかに日本語のネイティブでない人が訳したと見られる日本文を、読んだことはあるでしょうから、ネイティブが仕上げる訳文でなければならないというのは誰もが認めるところでしょう。

しかし翻訳というのは生産性が高いというわけでないためか、軽んじられがちで、ビジネスでも不自然な日本文を目にすることが珍しくありません。自社の文書がそうした仕上がりになるのは、避けたいものです。

翻訳会社を選ぶ際には、まずは日本語を外国語に訳した文のサンプルをもらいましょう。それが自然な表現かどうかは日本人では判断がつきませんから、第三者であるネイティブの人に見てもらい、大丈夫そうならその翻訳会社を使うということにするのが望まれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *