ビジネスに翻訳会社を利用しましょう

海外への輸出や海外顧客との取引をスムーズに行うには、英語や現地の言葉への翻訳が必要になりますが、自社にそのスキルを持った人がいるとは限りません。

取引契約書の作成や取扱説明書の作成・プレゼン資料などは翻訳会社を利用すると便利です。英語に限らずドイツ語・フランス語・中国語などさまざまな言語に翻訳してもらえます。又、緊急を要するクレーム対応などの文書は短納期での翻訳も請け負ってもらえます。

ここで、注意しなければならないのは、翻訳会社によって得意な言語と不得意な言語があることです。在籍している翻訳者のレベルや人数によって発生してしまうので、依頼する時は口コミ情報などを確認してから発注した方が良いでしょう。

同じ業界の会社に実績があればベストですが、それが不明の場合は実際に翻訳を依頼してみてから継続を評価するか、2社に同じ文書を依頼して比較するのも一つの手段です。又、見積もりが安すぎる会社は、有能な翻訳者と契約していなかったり翻訳ソフトを使用している場合があるので注意してください。

翻訳会社を利用する場合は、できるだけ同じ翻訳会社で同じ翻訳者に継続依頼をするのが得策です。その理由はビジネスには業界用語が存在し、同じ業界の案件を継続して翻訳している人のほうが微妙なニュアンスまで正確に翻訳してもらえます。こちらの会社の状況まで承知している翻訳者ならば、依頼もしやすく、短納期など多少の無理もきいてもらえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *