国内で学んだ英語でも翻訳会社から信頼される方法

英語に自信があるという人が在宅の仕事を希望する時、高い確率で考えられるのが翻訳会社に登録して翻訳の経験を積み、翻訳の道で生計を立てて行くということではないでしょうか。

英語という外国語だけを取り上げると、この場合長く海外で暮らしていた人やバイリンガルの帰国子女は、留学経験もなく日本国内で英語を勉強した人に比べ圧倒的に有利なように思われます。しかし、実際はそうとばかり言えないのが翻訳というものです。

翻訳会社は登録するとトライアルの文章を送ってきますが、例えば英語を日本文に訳す際には重要なのはむしろ日本語の使い方だということができます。いくら英語がうまく話せても、クライアントが日本人である限り、採用されるポイントはいかにわかりやすい日本語に訳すことができるかにかかっているのではないでしょうか。

それから、日本国内育ちであっても、ひとつ得意な分野があれば翻訳会社に採用された際にかなり有利に働くということを覚えておいてください。例えば英語の勉強とは別に大学で化学を専攻していたり、医療関係の学部出身であるなどという場合、そちらの専門文書の翻訳にきっと役に立つに違いありません。

しっかりと納期を守ってそういった専門分野の翻訳経験を積んでいけば、翻訳会社からの信頼が得られるでしょう。そうなれば、そういった案件が来た際には優先的に仕事を回してもらえたり、クライアントから直々に指名が入るということも夢ではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *