翻訳者になりたい!まずは翻訳会社に登録を

英語を初めとする言語が武器となる仕事はいくつかありますが、在宅でもある程度仕事ができるとなると真っ先に挙げられるのが翻訳会社です。

英語が得意だという人なら、一度は翻訳会社で働きたいと思ったこともあるのではないでしょうか。しかし、一流の翻訳者になるには一にも二にも経験が必要となります。まずは翻訳会社に翻訳者として登録するところから始めてみましょう。

ウェブサイトでお目当ての翻訳会社を見つけたら、まずは登録してください。登録には該当言語の他に、翻訳の経験の有無や得意分野といったことなどを記載する欄があるので、全く経験が無いという人は、未経験可をうたっている会社に登録する方が仕事はもらいやすいかもしれません。書類審査が通ると、トライアルが送られてきます。

そのトライアルを既定の期日内に翻訳し、送り返してください。トライアルが評価されたら晴れて翻訳者としての第一歩を踏み出すことができます。多くの経験をしたかったら、依頼される仕事は極力断らないで受けることです。そして当たり前のことですが、納期はしっかりと守るようにしてください。いくら翻訳の品質が高くても納期が守れないようでは信頼を持ってもらうことは叶いません。

経験を積むほどに、自分の得意分野がはっきりとしてくるはずなので、それまでは来るものは拒まないという精神で着実に経験を積むことをおすすめします。そして得意分野を見つけたら、その分野では指名が掛かるぐらい極めてみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *