ビジネス関連の和訳作業は翻訳会社に頼みましょう

英語が分かる事と英訳が出来る事は別のスキルです。

一見すると同じスキルに思われていますが、翻訳はかなり専門性が高い技術となります。英語力があれば一応英文を日本語に訳せます。

しかし英語圏と日本の国は文化的にも歴史的にも大きな違いがあります。英単語の意味を辞書的に訳すと、非常に堅苦しい文章になるのが難点です。

また直訳すると返って文章の意味合いが崩れてしまう事もあります。簡単な英語の和訳なら自分で行ってもOKです。

しかし一方で間違いが許されないビジネス関連の物は翻訳会社に頼みましょう。依頼は個人でも出せます。

米国の企業から届いた長文のEメールや契約書、ビジネス書類等は無理して自分一人で訳そうとせず、然るべきプロに和訳をつけてもらった方がトラブルを避けられます。

翻訳会社と聞くと何だか敷居が高い印象があるかもしれません。確かに以前は依頼料が高額でした。

ところが一転して最近では非常にコストパフォーマンスが高くなっています。それこそ個人のポケットマネーで気軽に依頼出来る水準です。

更に以前はまとまった量しか受け付けてくれませんでしたが、近頃は文字通りビジネス文書一つから翻訳会社に相談が可能です。

英語は私たちが比較的慣れている外国語ですが、米国の歴史や文化を知っていないと、本当の和訳は出来ません。

素人が無暗にビジネス文書や大事なEメールを訳すと意味合いが反転してしまい、現場やクライアントに迷惑をかけてしまうかもしれませんので、プロのスキルを真面目に頼るのがベストです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *