翻訳会社を選ぶ際のポイント

ビジネスのグローバル化の流れは日本の企業においても避けられない現実です。

当然ですが、外国の企業とのビジネスの現場では、日本語だけに依存することは出来ないため英語や中国語などの外国語による、コミュニケーションや文書作成のスキルがこれまで以上に求められるようになってきました。しかし、現状の日系企業においては、翻訳の専門家のような社員が在籍しているところは少数派で、多くの企業は外国企業とのビジネスの成功のためには外部の翻訳会社などを活用する必要があります。

翻訳会社と言っても、それぞれの会社ごとに得意とする分野やサービス料金には違いがあるので、実際に検討する際には慎重に行わなければなりません。翻訳会社選びの際に最も注意すべきは翻訳の質の問題です。自分たちの企業の業種やサービスに精通した翻訳者に任せるのが理想です。同じ業界の翻訳経験の多い方が担当すればそれだけ、正確な翻訳を期待することが出来ます。また、信頼できる翻訳会社の多くは、ネイティブによるチェック体制があります。

日本人の翻訳者では気づくことの出来ない細かなニュアンスもネイティブによるチェックによりクリアしてくれます。サービス料金に関しては、事前に見積もりを取ることが大切です。できれば、複数の翻訳会社に声をかけ見積もり依頼をし、複数の見積書を見比べてみて、自分の会社にとってもってもコストパフォーマンスが良いところを選ぶようにしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *