翻訳会社は大きく業態変化を迫られてきています

今の翻訳会社は大きく業態の変化をすることを迫られてきているといって間違いはないはずです。

これをもたらしたのは、人工知能というシステムで、これが真っ先に運用されたのが翻訳の分野という事になるのでしょう。何しろ今はグローバル化が進んだ世界ですから、翻訳会社の仕事は多岐にわたっていました。モノが世界中で行き交うたびに翻訳会社はその仲介的な役割をすることになっていたわけですが、これが翻訳ソフトが登場したことで一気にその仕事を失う事になってしまったわけです。

全てというところまではいきませんが、日常会話レベルでの話は全て端末で出来るようになってしまったのです、ほとんどの仕事は無くなってしまったといっても良いでしょう。これは人工知能がそれだけ優秀だったという事がありますが、圧倒的なコストパフォーマンスがあったという事もあります。何しろ翻訳ソフトは無料で使える上にいつでもどこでも誰でも使う事が出来るという万能のソフトでしたから、これに勝つという事はまず不可能な事だったわけです。

そのため、翻訳会社は大きく業態を変えて端末が使われないところで勝負をするしかないという事になったというわけです。端末が使えないというのは、ビジネスではまだまだあって、正式や契約をするような時や、専門的なエンジニアの話をするような時にはまだまだ翻訳会社の業務が残っているところがあり、こうしたところで活路を開いていくしか残らなかったという事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *