翻訳会社を賢く利用するために

ビジネスのグローバル化は、インターネットの出現以降急速に進んでいるように感じます。

それに伴い、各日本企業は外国企業とのビジネスを促進するために、これまで以上に英語や中国語を始めとする外国語を使う場面が増えているはずです。契約書のようなビジネス文書に関しても、外国語で作成しなければならないケースも有り、特に中小企業の担当者さんにとっては悩みの種です。

そのような時に賢く利用したいのが、翻訳会社です。翻訳会社を選定する際のポイントはいくつか考えられますので、いくつか紹介させていただきます。翻訳会社に限ったことではありませんが、フロントの担当者さんの対応の善し悪しはチェックすべきところです。

初めて翻訳会社を利用する際には、担当者さんの印象はその後のやり取りに影響を与えるかと思います。また、翻訳の工程を明確に提示しているかも注意すべきところです。誰が翻訳をし、誰がその内容をチェックするかなどは最初の段階でしっかりと確かめるべきです。

もちろん、金額についても明瞭な提示(イニシャルコストとオプションのコストの提示)であるかどうかも確認してほしいです。ビジネスの文書については、その情報が外部に漏れるようなことは絶対にあってはなりません。

このような情報管理や守秘義務の設定が厳しく行われているところかどうかも、重要なポイントになります。今回の記事を参考にしていただき、納得のいく翻訳会社と出会えることを願っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *