翻訳サービスを活用し、ビジネス文書を柔軟に日本語訳

いわゆる中学生レベルの英文であれば、比較的に簡単に日本語に訳せます。

学生時代に英語が得意だった方からすると朝飯前の作業です。日本人は英語が苦手だと言われていますが、多くの社会人は基本的な英語力を持っており、平均レベルは世界的に見ても高いです。ただし、ビジネス分野やクリエイティブ分野の英文を正確に訳すのは難易度が高い作業となります。

いわゆる教科書通りの表現方法ではない文章が度々登場するためです。また欧米の人々の間ではごく普通に使われている比喩や独自の表現も、日本人の目からすると馴染みが無く、正確なニュアンスをくみ取り和訳を行うのは困難です。重要書類の日本語訳をしなければいけない方は、翻訳サービスの利用を積極的に考えてみましょう。明らかに自分のレベルでは手に負えないと感じた段階で翻訳サービスに依頼を出した方が、精神的にも体力的にもプラスです。もし独断で会社にとって大事な重要書類を和訳すると、それが引き金になって商談や取引にリスクが生じるかもしれません。

翻訳サービスのプロスタッフであれば持ち前の知識と経験を活かして、どのような分野の英文も正確に日本語訳を行ってくれます。コストパフォーマンスは高く、依頼の相談はネットや電話で可能になりました。最近の翻訳サービスは柔軟に依頼を受け付けてくれます。例えば、全体で数十枚あるビジネス文書のうち、和訳が非常に難しい数ページだけを代わりに訳して欲しい、というお願いを引き受けてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *