英語の契約書は翻訳サービスにお願いして日本語訳を

英語は世界中で通じる言語です。

地球で最もポピュラーな言葉であり、とりあえず外国で困った時は英語で質問をすれば相手に意図が伝わります。公用語が英語ではない国々も多いです。しかし第二の言葉として学んでいる人々は本当に多いです。母国語ではなくても基本的な英会話は出来る、欧米諸国からアジア諸国までそういった方々は珍しくはありません。実際に日本人もまた英会話を公教育で学んでいます。得意な方は欧米諸国に比べて少ないです。

ただ簡単な道案内や世間話程度なら英語で交わせます。外国人観光客の方々に突然話しかけられた場合も、付け焼き刃の英会話で一応コミュニケーションは成立しますし、いわゆる正しい文法ではなくても伝えたい意図は殆ど理解してもらえます。一方でビジネスシーンは正反対です。英語の契約書を読む場合は細心の注意をしなければいけません。機械的に直訳しても意味合いが分からない事もあるでしょう。困った時は早めに翻訳サービスの力を借りるべきです。何事も独断で進めると後で大きなトラブルの火種になります。

特に欧米のクライアントや経営者が作成する文書は独特の言い回しが多く翻訳サービスの専門スタッフでなければ正確な日本語訳は出来ません。必要条件と十分条件などの違いはなかなか分かりづらく適当に和訳をすると意味合いが正反対になる事さえありますので、コストを惜しまずに翻訳サービスに依頼し、全文の日本語訳を頼みましょう。アウトソーシングをすればその分だけ労力が節約出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *